fbpx

https://ikoma360.official.jp/blog

Info

SONY VLOGCAM ZV-E10(ズィーヴィーイーテン)を撮影機材として導入しました。

投稿日:2021年11月25日 更新日:

2021年9月17日発売のSONY VLOGCAM ZV-E10(一眼ミラーレス・カメラ)を、屋内版ストリートビュー撮影のメイン機材として導入しました。

SONY VLOGCAM ZV-E10

ZV-E10はシネマテッィクムービーなど、動画制作をメインにするユーザー向けに開発されました。APS-Cセンサーと24MP Exmor CMOSセンサーを搭載。小型・軽量・コンパクトな筐体は、フィッシュアイレンズと組み合わせても約500gであり、360°写真を撮影する際の取り回しに適しています。

専用Panoheadを加えて約700g


※シャッター・レリーズにシューティング・グリップ(GP-VPT2BT)を使用。

「時代はミラーレス」2021年は「レフ機」最終年となる見込み

ニコンイメージングジャパン公式チャンネル

360°写真の世界においても「一眼レフ(DSLR)カメラ」を頂点としたヒエラルキーが存在していました。NIKON Z9の出現により、「時代はミラーレス」を実感。軽量、コンパクトで取り回しの良い「一眼ミラーレス」を活用することで、全天球カメラより劣るとされていた機動力の面でも、十分に対抗できると考えました。

2021年3月10日、約一年間のベータテストを経てリリースされたPTGui ver.12.xの存在も大きな後押しとなりました。"Optimum seam placement"により、職人技をAI処理し再現できるようになったからです。

α5100の後継機「ZV-E10」

左 α5100(ILCE-5100) 右 VLOGCAM ZV-E10

2020年に発売されたコンデジ・タイプのZV-1は、自撮り動画を撮影するユーチューバーに大受けしました。ZV-E10も同じ路線を受け継ぐカメラでありながら、ZV-1よりも大型のAPS-Cセンサーを搭載、一眼タイプのレンズ交換式を採用しています。IKOMA360では、2021年4月にSONY α5100の中古ボディを購入し、一眼ミラーレスでの撮影に備えてきました。

ZV-E10の特徴

SONY ALPHA RUMORSより引用

  • 24MP APS-C Sensor
  • Kit lens will be a Sony 16-50mm f/3.5-5.6
  • XAVC-S 4k 25p 100mbps
  • FHD 100p
  • Standard and Active stabilization
  • Auto exposure with face priority
  • Product feature autofocus mode (will lock focus on faces unless there is a product shown closer to the camera)
  • Button for Bokeh mode (priotitizes lowest aperture)
  • Dedicated button to swap between S&Q/Photo/Video
  • USB-c tether direct streaming to pc. (Plug and play)
  • fully articulating screen
  • Sony A5xxx body with no EVF
  • Price around $899 (900 Euro)

上記は、発売前のリーク情報です。このうち、IKOMA360で注目したのは、以下の二点でした。

  • 24MP APS-C Sensor
  • Sony A5xxx body with no EVF
  • α5100の中古ボディで「360°写真」の撮影練習を始めた当初、本格的に始める際に購入する機種を、同じAPS-Cセンサー搭載の「α6400」と決めていました。しかしながら、軽量コンパクト路線は、コンデジタイプのRX100シリーズへと引き継ぐ一方で、レンズ交換式のα6000シリーズにEVFを搭載し、一回り大きく重い筐体を採用しました。

    「小型コンパクト性能」を誇る一眼ミラーレスは、NEXシリーズから始まるSONYの良き伝統でした。その系統を受け継ぐα5100のリリースを最後に、理想的な「コンパクト・一眼ミラーレス」は、もはや発売されないものと諦めていたのです。

    α5100からZV-E10へバトンタッチ!

    ZV-E10作例(1)(撮影場所:ホテル阪急インターナショナル25階)

    練習機「α5100」から本格的なメイン機「ZV-E10」へのスムーズな移行を完了。動画周りでは、新機軸の多い機種ながら、スチール撮影に関しては、UIも含めてほとんど変化はありません。このことに不満を感じるSONYファンも多いと聞きます。しかし、IKOMA360にとっては、とても好都合なのでした。

    THETA Z1よりも高画質な屋内版ストリートビューを実現

    ZV-E10作例(2)(撮影場所:アプローズ・タワー 大阪梅田)

    IKOMA360のモットーは、"Save your money, improve your business." です。「屋内版ストリートビュー」を手軽に導入して頂くことを目指すものです。一方で、「安かろう、悪かろう」のイメージを払しょくせねばなりません。そのために、毎年、新しい機材、撮影手法、ソフトウェア等を導入してきました。

    そして、ついに2021年、「一眼ミラーレス」へと到達。ひとえにビジネス・オーナー各位様からIKOMA360に御支援を頂戴した賜物と心得ます。より一層、皆さまのビジネスをぐるっと360°世界へ発信して参ります。よろしくお願いいたします。

    「もちのろん」で、提供料金の値上げはございません。

    シューティング・グリップでブラケット撮影

    撮影のご依頼・ご相談は以下のフォームから

    詳細はココ↓

    屋内版Googleストリートビュー特別プラン


    全国対応可能!(交通費等別途必要)

    返信はGmailアドレスから行います。24時間以内に返信のない場合は、スパムフォルダーをチェックの上、Facebookページなどから再度ご連絡ください。


      撮影のご依頼お待ち申し上げ候

      投稿日 Issue date; 2021.11.25

      -Info
      -, ,

      Copyright© IKOMA360 Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.