fbpx

https://ikoma360.official.jp/blog

Blog

GoThru Street Editorで屋内版ストリートビューを作成する方法

投稿日:

2020年11月のストリートビュー認定フォトグラファー制度刷新により、Google社から提供のストリートビュー・アプリ(iOS/Android両対応・無料)は、バーチャル・ツアー作成の機能を削除されました。※今年度内に完全削除の予定です。

 

詳細はGoThru Forumに転載中の"Streetview app changed"の案内をお読みください。今後はGoogle社公式ページで紹介されている「ストリートビュー認定製品」の中からチョイスして使う必要があります。

無料のスマホ・アプリから機能を削除で、ナンチャッテ業者を一掃!

RICOH THETA Z1撮影事例

 

ビジネス・オーナー様の中には、ご自身で360°写真の撮影を行い、マイビジネスに公開される方もおられるでしょう。ここ数年、安価なワンショット・カメラがたくさん出回るようになりました。一部の機種では、従来の一眼レフカメラと比肩しても遜色のない画質です。

一枚ずつの公開は可能

Googleストリートビュー・アプリ(Pixel4a)

ご安心ください。360°写真として単独画像であれば、今後もストリートビュー・アプリやマイビジネス・ダッシュボードから公開可能です。ビジネス内部をウォークスルーで閲覧できるバーチャルツアーの作成は、その道のプロにお任せするか、或いは以下に紹介するGoThru Street Editorを使いましょう。

GoThru Street Editor とは

GoThru Street Editor

GoThru Street Editor
開発元:GoThru Media Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

GoThru Street Editor は、iOS/Androidの両方に対応するモバイル・アプリケーションとして、GoThru Inc.より提供されています。アプリのダウンロードとインストールは無料。Googleストリートビューへの公開に関して課金を必要とします。価格表と各プラン内容を下掲しました。

GoThru|課金プラン一覧

月額課金制となっており、月単位で課金の停止・再開を行えます。即ち、必要な時だけ課金すればよく、課金を停止しても公開済みの画像に影響しません。同じ*1)CID*2)コンステレーションであれば、課金停止後も「削除・再公開」を何度でも可能。※月額課金のない「都度払い(Pay as you go)」やお得な年払いプランもあります。

GoThru Street Editor 使い方

詳細はGoThru社CEO Alin Bugeag氏のチュートリアル・ビデオをご覧ください。

 

ログイン

左 iOS版 右 Android版

アプリを起動したらストリートビューを公開するグーグルアカウントでログインします。※2段階認証の設定をお忘れなく。

編集画面

左 iOS版 右 Android版

画像間を結合する編集画面は、とても斬新なデザインとなっています。SVアプリで足元が見えなくて苦労したことを思い出しますね。正直に言ってデスクトップ・エディターの方が使いやすいでしょう。しかし、外出先で修正に気が付いた場合など、活躍のシーンは必ず訪れることと思います。

管理画面

左 iOS版 右 Android版

GoThru Street Editorでのイチオシ機能です。GoThruを通じて公開したツアーをビジネス・リスティング単位で管理し、画像の「追加・削除・修正」なども行えます。何より読み込みが早くてストレスフリーです。

プレビュー機能

iOS版 GoThru Street Editor

プレビュー機能についても秀逸。操作がとても軽い。公開済み画像も同様に閲覧可能。
※iOS(iPhone)の場合は、カメラロールに画像を置いてください。

GoThru Moderatorを使うメリット

これまで無料のアプリを使っていた方々にとっては、今回の刷新に不満を感じるかもしれません。しかし、2017年のPanoeditor廃止から、無料アプリによる一般開放で幼稚な参加者を増やし、*3)市場に混乱を招く事態となりました。今般の刷新で「人材リスト」から非アクティブな撮影者やガイドラインに従わない業者を一掃。認定フォトグラファーに撮影を依頼されるビジネス・オーナー様にとっても望ましい結果となっています。

誤認識による「拒否済み」問題を完全解決

「拒否済み」でマップに掲載されない状態

2019年10月頃から導入されたAuto Moderationの機能は、不適切な画像投稿を人工知能(AI)の技術により防御すると言うモノでした。導入直後は深刻な不具合となって、多くの方にご迷惑をおかけしています。その後、機能の改修を経て落ち着きを見せていますが、新規公開の画像において、1-2%程度の割合で*4)inaccurate rejection問題を発症します。

SV Info機能で一発解決

GoThru Moderator|SV Info Page

GoThru Moderatorには、Google社のサーバーと同期して、編集結果をデバッグする機能を実装しています。運悪く拒否された画像は、マゼンタ色のドットで表示され"Fix Constellation"ボタンを右上に表示します。このボタンを一発押下すれば、あとは「寝て待つ」のみ。※他社の「認定ツール」に同様の機能はありません。(2021年2月17日現在)

SV Info

ツアー公開後は定期的に"SV Info"をチェックしましょう。公開直後はすべてグリーン・ドットでも、2日後ぐらいに「拒否済み」となる事案も多数報告されています。

この機能はモバイル・アプリでは使えません。デスクトップ版のダッシュボードに実装されている機能です。しかし、課金のあるなしに関わらず、アプリ版とデスクトップ版の両方を一つのグーグル・アカウントで使用可能。※一度課金して公開したツアーであれば、課金月終了後もデバッグ可能です。

Walkthrough Video


PRO TIPプランで課金すると、5本/月のウォークスルー・ビデオをパノラマ画像を元に作成可能。GoThruを使ってみたい方で、お困りのことがあればサポートいたします。IKOMA360は2017年2月のベータ版以来、PRO TIPアカウントを継続しています。遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

※返信はGmailアドレスから行います。24時間以内に届かない場合は、スパムフォルダーなどをチェックの上、Facebook/Instagram/Twitterからもご連絡ください。


    2021年2月17日更新


    1. マップ上の地点情報などに与えられるユニーク番号のこと。
    2. バーチャルツアー作成後の画像と関連のメタデータをまとめたモノ。形状から星座を意味するConstellationと直感的に呼称する。
    3. 参入が容易になったことで、MEOやローカルSEOと称してビジネスに近づき、多額の撮影費用を要求する悪質な業者を招き入れた。また低画質化の要因としてしばしば論議の的となる。
    4. Auto Moderation機能の誤判定による「拒否済み」事案を意味する専門用語。

    -Blog
    -,

    Copyright© IKOMA360 Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.